トーンアームの水平・垂直とカートリッジのオーバーハングを精密に調整するゲージです。

img_0967img_0964レコード・カセットテープ・オープンリールなどアナログの復活がブームになっていますが、トーンアーム・カートリッジを精密に調整するためのゲージを作成しました。

材質はレコードと同じ厚さのステンレス板を鏡面研磨したものを使用しています。

水平調整:2か所の角穴横の透かしゲージでアームの水平を調整します。

垂直調整:鏡面に映ったカートリッジを正像と比較し傾きを調整します。

オーバーハング調整:スピンドル+10㎜~20㎜のゲージで調整します。

このようにこのゲージが一つあれば水平垂直オーバーハングが一度に精密調整できます。

長らく調整されていない方、複数のカートリッジや交換アームを使用されている方、一度このゲージで調整されてみませんか。

カートリッジは音楽信号がスタートする最初の重要部であり、ここが誤差なく調整されていなければ、音質の評価も正しくはできません。

正しく調整すると安心感と信頼感があり、精神衛生上も音質が向上したように感じます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です