純マグネシウム製外周ディスクスタビライザー

ターンテーブルダンパー「SINKA」

純マグネシウム製レコードシート 

私たちが耳にしているレコードの音は、録音時の生音とは全く違う!

“ご存じの通り、レコードには細い溝(音溝)がびっしり刻まれていて、音溝に刻まれた情報をレコード針がトレースし、振動します。音は、この振動をもとに再現されます。

この時、レコード針が音溝による振動だけを拾えば、録音された時の状態のままの音を再現できるのですが、実際はレコード針の振動を受けて、ターンテーブルやトーンアームなども振動します。

その結果、レコード針が音溝の情報を拾う際に、これらの余計な振動も一緒に拾ってしまいます。

つまり、私たちが耳にしているレコードの音は、録音された時の音に加えて、さまざまな雑音も入っていることになるのです。”

生音を聞くために、何をすればよい?

“では、レコードの音を、録音時の生音に近づけるには、何をしたらよいのでしょうか?
例えば、以下のようなことが考えられます。
・レコード針が、ターンテーブルなどに伝える振動を除去する
・レコード盤から発生する振動を除去する
・レコード盤の振動を受けたターンテーブルの振動を除去する
・レコード盤とターンテーブルの共振を防ぐために、両者を密着させる
・トーンアームの振動を除去する
・ターンテーブルのモーターから発生する振動を除去する
などなど。

これらをひとつでも多く実行すればするだけ、私たちが耳にする音は、録音時の生音に近づいていくことになります。”

アーテイストが届けたかったあの音に、アスカなら限りなく近づける

レコード再生時に発生するさまざまな不要な情報を取り除くために、オーディオのアスカはこだわりぬいた製品をお届けしています。

 

 AudioCraft用アームスタビライザー   定位改善
 AudioCraft用純マグネシウム交換アーム  共振排除
 チャック式レコードスタビライザー  空間再現
 純マグネシウム外周スタビライザー  振動防止
 純マグネシウムレコードシート  振動防止
 水平垂直トラッキングゲージ  完璧設定
 砲金ターンテーブル鏡面研磨  密着改善
 超高性能スピーカーシステム  生音再現