オーディオとは、絵画や彫刻と同じように芸術作品である音楽を鑑賞するためのツールであると考えています。

絵画や彫刻は多少の劣化はあるものの、現存していれば自分の目で鑑賞することができますが、音楽については演奏された音が記録されているレコードやCDをオーディオなどの再生装置を通してからしか鑑賞できません。

現在も活躍している演奏家のコンサートは、条件が許せば鑑賞することは可能ですが、既にこの世を去っている演奏家は二度とコンサートに立ち会うことはできません。

それ故記録された音楽芸術を、出来れば自宅で目の前に再現できるシステムがオーディオの目標であることになります。

A社のアンプとB社のスピーカーを接続したシステムからは、それなりに高価な機器であろうと、それぞれが主張する音が出てくるだけで、目の前に演奏家は来てくれません。

演奏家が目の前に来てくれるためには、記録された音楽データを、ありきたりの言葉ですが、何も足さず何も引かずに再生することができなければいけません。